社員インタビュー

「地図に残る仕事」
そして人の役に立つために。

土木部

宮内 大樹

宮内 大樹

地元の会社でモノづくりに携わりたい



大学では工学部の機械サイエンス学科という機械系の勉強をしていたのですが、就活していくうちに建設の施工管理という仕事に興味を持ち始めました。MONOづくりに携わりたいと思うようになり、就職説明会などで建設関係の会社をいくつか訪問し弊社に行き着いたという感じです。
入社を決めた一番の理由は、生まれ育った地元の会社であるということ。ちょうど東日本大震災の2年後だったのですが、弊社は海岸の復興工事などで地元に貢献していました。それと、今はやっていませんが、太陽光発電の事業にも取り組んでいて、他分野の事業も積極的に展開していく企業姿勢に惹かれました。
入社を決め、希望通り、施工管理の仕事に従事。施工管理のなかでも工程管理、安全管理、品質管理といった現場の管理から予算関係などに携わっています。



意識しているのは、責任感と体調管理

この仕事のやりがいは、目的物が完成し、いままでの苦労が報われたとき。ありきたりですが、「地図に残る仕事」です。
弊社の仕事は大きく分けて公共工事と民間工事の2つがあり、割合としては7:3で公共工事が多く、道路や海岸、河川、公共施設などを整備します。数年前に近くの駅の駐輪場をつくったのですが、地域の利便性が高まり、貢献できた充足感がありました。
やりがいがある一方で、仕事のむずかしさを感じるのがコミュニケーション能力。役所の方やお客様、下請け業者さんなど、たくさんの人たちと接するのですが、人それぞれいろいろな考え方があるので、よりスムーズに意思疎通する方法を常に模索しています。
また、意識しているのは、責任感を持つことと体調管理。現場に関わる人に迷惑をかけてはいけないので気を付けています。




明るくフレンドリーな会社の仲間募集



もしかしたら職業病!? とも思うのですが、いろいろなことを計画的に考えられるようになったのが成長した部分かもしれません。仕事で工事のスタートから完成まで綿密に計画するように、プライベートでもきちんと計画しないと心配になることも。学生時代は、わりと行き当たりばったりで行動していたのですが、今は公私ともに手順を考えるようになりました。はたしてこれが成長かどうかわかりませんが(笑)
今後の目標としては、どんなカタチでもいいので家族に恩返しすること。具体的に何をするかは未定ですが、まずは自分の仕事に自信を持ち、よりスムーズに価値のある建築物をつくれるようになることも恩返しかもしれません。
弊社は、社員同士の距離が近く、とても明るい雰囲気です。たくさんのエントリーをお待ちしています。